【18禁】18歳以上ですか?<はい>  <いいえ> 

    無修正ですが…何か?絶対抜けるョ!XVIDEOS、RedTube、Pornhub、NoPixelJaps、erovideoから、1ページで3回抜ける厳選したエロ動画を完全無料で垂れ流し!メッチャHな体験談も公開中!

    【艶姫100選】デザインプリズム ▶ 無料アダルト動画見放題!

    XVIDEOS, RedTube, erovideo, DUGAの人気エロ動画と、メッチャHな体験談を無料配信中!

    .

    クリスマスに彼女に振られてデリヘル呼んだ結果

      カテゴリ【OL/お姉さんとのHな体験談】をお楽しみください!

    ▼風俗嬢とのエッチな体験談▼

    クリスマスに彼女に振られてデリヘル呼んだ結果


     

    彼女に振られたのでデリヘルを呼んだ時の体験談

    だいぶ前の話にはなるが、

    学生時代のクリスマスの事である。

    当時付き合っていた彼女とクリスマスイブに約束をした。

    彼女は当日バイトが夜まであり、

    当時2人共実家暮らしだったので近場で外泊して

    翌日どこかに出かけようと算段していたのだ。

    宿泊は、お互いの家からほど近い神奈川のブティックホテル。

    予約が出来なかったので、

    スイートルームを確保するため19時から前入りした。

    私の胸は高鳴っている、

    付き合って2ヶ月ほどだが、

    ここ1ヶ月はお互い忙しく全く会えていないからだ。

    ケーキも用意したし、プレゼントも抜かりはない。


    しかし、待てど暮らせど彼女から連絡がない。

    21時、22時。

    いつもならとっくに連絡があっても良い頃である。

    何かあったのかもしれないと何度も電話をしてみたが、

    一向に出る気配がなかった。

    絶望しながら部屋を出るか迷っていた時に、彼女から1通のメールが届いた。

    悪意を持って意訳すると。

    『他に好きな人がいて、今その人とまぐわっているからお前は消えろ』

    みたいな内容だ。

    泣いた。

    怒りとかを通り越して、泣いた。

    彼女は会えないこの1ヶ月間で別の男と付き合っていたらしい。

    いや、もしかしたら私自身がその別の男だった可能性もある。

    だが意に反して、私の下腹部はかつてないほどに高鳴っていた。

    この時気付いたのだが私は多分、変態なのだ。

    頭では「哀しい」という感情が押し寄せ、涙を流しているが、

    下腹部の(亀)頭は別の涙を流している。

    私はそこでもうデリバリーしかないと思い立つ。

    しかし繁華街ならいざ知らず、こんな片田舎では空振りばかりだった。

    もうこれでダメだったら帰ろう。

    一縷の望みを託し、最後のコールを鳴らした。

    店員「今1人だけ入れる子いますよ!」

    私は電話の前で小さくガッツポーズした。

    どんな子か聞いてみると、出るとこが出てて1番のお勧めらしい。

    ネットの写真も一部モザイクで隠れているが、何となく松嶋菜々子似の美人だ。

    私は即座に了承する。

    金額はクリスマス特別価格で110分35,000円を要求された。

    相場もクsoもないがもう何でも良い。

    それから40分後、部屋のチャイムが鳴る。

    どうやら菜々子ちゃんが到着した様だ。

    私は高鳴る心臓と下腹部を抑えながら勢い良く扉を開けた。

    あれ?部屋を間違えたのかな?

    目の前には「湯婆婆(ゆばーば)」みたいなのが立っていた。

    ルックスを端的に言えば、松嶋菜々子と湯婆婆を足して

    松嶋菜々子の成分を完全に濾過した、まぁなんて言うか純度100%湯婆婆。

     

    ▲Get Now! 「秘密のビデオ」AV業界のレジェンド戸川夏也

     

     



    体型は控えめに言って、ごんぶと。

    確かに出る所は出ている、と言うより全部出ている感じだ。

    写真の加工というレベルではない、完全に違う生物を送り込んできた。

    本来ならチェンジ!!と叫ぶべきだったがそこは生粋のチキンボーイ。

    声が一切出ない。

    確かにこの手のサービスはこういう事も結構あるが、

    何もこんな時にこんな怪物級の魔女を寄越さなくても。

    しかし私の抵抗虚しく、プレイ自体はつつがなく進行していった。

    ただ目の前の湯婆婆に畏怖した、私の千はずっと神隠れっぱなしである。

    元気のない千に業を煮やした湯婆婆は、大きな体をブルンと動かして私の上へ。

    彼女が何kgなのか分からないが、上に乗った瞬間に「ぐえっ」って声が出た。

    その後、あの手この手を使いながらも一向に反応がないまま淡々と時間は流れ、

    アラームが終わりを告げる。

    湯婆婆も飽きてるみたいだ。

    休憩してた。

    少し悪い事してしまったなと思い、

    彼女にあげるはずだったプレゼントとケーキを手渡した。

    最初は驚いていたが、

    「子供が喜ぶ」

    と言って笑顔で部屋を後にした。

    こうして湯婆婆はいなくなったが、

    私の千はいつになってもトンネルの中から帰って来なかった。

    クリスマスはもう目の前。

    されど前を向こう。

    カップル達が一番輝くイベント・クリスマス。

    またあの日がやってくる。

    これを読んでくれている人の中に、

    もしかしたらクリスマスを忌み嫌い、

    絶望に暮れている人がいるかもしれない。

    だが世の中にはこんなクsoみたいな事やっているヤツもいる、

    それを伝えたくて本日筆を取った次第である。

    そんな私を笑い飛ばし、

    あなたの気持ちが少しでも楽になればこれ以上嬉しい事はない。

    私は多分、変態なのだ。


    タグ:風俗 :風俗嬢 :デリヘル :クリスマス :破局
    記事引用:Hな体験談
    http://infomgitaiken.blog.fc2.com/